インドネシアの海外口座は金利10%を超えていて人気のオススメできる運用先です。

海外口座を持つ理由とは?

 

日本のお金

 

近年、海外口座が注目を集めています。
その中でも特に人気がありオススメできるのがインドネシア口座です。

⇒詳しくはインドネシアをお薦めする理由をご覧下さい

 

なぜ、わざわざ海外の口座を作るのでしょうか?
海外口座を持つ理由やメリットはさまざまですが、一番の理由はリスクヘッジと言えるでしょう。

 

現在の日本の通過「円」は世界的に見ても安全通貨と言われています。

 

しかし本当に安全通貨なのでしょうか?
と疑問視をする声も大きいです。

 

日本は財政赤字が20年以上も続いていて、政府総債務残高(対GDP比)ランキングではダントツの1位となっていて、日本が抱えている国の借金は1,000兆円を超えていると言われています。

 

 

国の破綻リスクを軽減するため

 

日本の銀行だけに口座を預けているというのは、決して安心とは言えません。

 

記憶に新しいニュースでは、EU連合に加盟しているキプロスは2012年に財政危機を迎えました。
一時期銀行が閉鎖されるなど、破綻の直前まで行き世界の関心を集めました。

 

国の規模自体が小さいのもありEUに支援を求めてこの危機を乗り越えましたが、この他にもギリシャやスペイン・ポルトガル・イタリア・アイルランドなど「PIGGS」と呼ばれる国は財政のキャッシュフローが非常に危険で、財政破綻の可能性があると言われています。

 

 

 

このように、国が財政破綻を迎える可能性が現実的になってきた世の中で日本も他人事ではなく明日は我が身の可能性もあります。

 

また、キプロスやギリシャは規模が小さい国というの周辺国との関係がそれほど悪くないのもあり、EUは見捨てずに手を差し伸べましたが、万が一日本が財政危機に直面した時にアジアの国はどう動くのか?というのも不安材料になります。

 

東南アジアや隣国の韓国や中国が財政危機になった場合はおそらく日本は支援するでしょう。

 

ですがもし逆の立場だとどうでしょうか?

 

実際に危機に直面しないと、どうなるかは分かりませんが少なくても不安を持つ人は多いはずです。

 

日本の円はこうした中、世界でもトップクラスの安全性がある通貨として、世界各地で悪いニュースが出た時は円が買われ円高に動く傾向があります。

 

なぜ、膨大な借金を抱えている日本の円が安全資産かというと、日本は国として抱えている借金は多いですが、個人や企業・自治体や団体などの預貯金などの資産価値が非常に大きくGDPも高い水準を維持できているという点にあります。

 

これはどういう事かというと、国が本当に危機に陥っても、個人や企業の資産があるので安心できるという理由で円が安全資産と評価されているのです。

 

地球

何かあれば日本の国民や企業が苦しい思いをして負担をすれば国や通貨が破綻がする事はないといった理由です。
海外の投資家がこうした背景をもとに、リスクヘッジで日本の円を買うのは、この理由で納得はできますが、日本に住んでいる人が日本の銀行だけに口座を預けるのは、安全とは言い切れない状況になります。

 

 

また、こうした背景から、日本の円は円高リスクもあります。

最近でこそ円安トレンドとなりましたが、2年ほど前は80円~90円近い水準まで円は値上がりしました。

 

海外旅行や海外移住をする分には有利かもしれないですが、輸出産業な日本としては円高になると景気が悪化するリスクも抱えています。

 

 

ファクタリングを利用した海外取引

 

外貨取引では為替の変動や入金サイクル変動など様々な要因で資金がショートすることがあります。
そんな時に活用されるのがファクタリング取引です。

 

元々は売掛金を前倒しする目的でサービスされているファクタリングですが、国際取引向けに国際ファクタリングを提供する会社も出てきています。
入金サイクルの問題から海外口座を検討している場合、このファクタリングにより資金回転を正常化することができます。

 

ファクタリング取引の仕組み

 

 

海外口座の金利の高さ

 

日本の銀行にお金を預けても金利は普通口座で0.02%前後。
定期でも0.04~10.1程度とほとんど利息を期待する事はできない超低金利となっています。

 

すぐに使い道のない寝かせておく資金でしたら、利息を期待できない日本国内の口座だけではなく、海外口座に資産を分散させて利息も受け取るというのは賢い選択なのです。

 

 

財産を隠す目的として

 

海外口座を持つ理由として財産を隠す事を目的としている人も多いのが現状です。
日本は世界的に見ても相続税や贈与税は高く、大きな財産を持っているリスクというのも大きいものです。

 

世の中には、本当は大きな財産を持っていないハズの税申告をしているのにお金をたくさん持っている人もいます。

 

こうしたお金の使い道として海外口座に預けておくという方法が人気があるのです。

 

こうした隠し財産は、頻繁にお金を送金したり、株式などに運用すると足が付きやすくなりますが、海外の口座に預けているだけだと見つかりにくい財産になります。

 

もちろん見つかれば追徴課税の対象となりますが、万が一の時でも頻繁に動かしているお金でなければ忘れていたという言い訳も周りの人に対して多少は通用します。

 

このように海外口座を持つメリットはたくさんありますが、ここ最近では、隠し財産目的でお金を海外に移す人が増えていて、取り締まりも厳しくなっている部分もあります。