インドネシアは経済成長できる多くの条件が整っています。

インドネシアの魅力

国土と人口

インドネシアに対して「大国」というイメージを持っている人は少ないのではないでしょうか?

 

インドネシアは小さい国と勘違いしている人も多いですが、その国土は東西5,100キロメートルにも及ぶ世界最大の群島国家で約17,000ほどの島を所有しており、そのうち約9、000の島で人が暮らしています。総国土は世界第16位となっています。

 

さらに注目すべきは人口で現在の世界人口ランキングは

中国
インド
アメリア

これに次いで

インドネシア

となっております。

 

人口は増加傾向にあるとともに、日本をはじめとして先進国で深刻化している少子高齢化などの人口プラミッドの歪みがなく、綺麗な人口ピラミッドとなっているのが特徴です。

 

  • 国土が広い
  • 人口が多い
  • 人口が増加傾向
  • 人口ピラミッドが綺麗

こういった国が発展できる条件を多く持っているのがインドネシアの大きな魅力となっています。

 

 

資源が豊富

ココナッツ

 

現在の主な産業は農業となっていて、ココナッツの生産量は世界一バームオイルは世界第2位の生産量で、1位のマレーシアと合わせて世界シェアは約82%となっています。

 

米の自給を達成するなど広い国土と東南アジアの地理を活かした農業は世界的にも高いシェアを誇っている農産物も非常に多いです。

 

インドネシアは日本と同様に海に囲まれた島国ですので漁業が盛んです。
最近では海老の高騰化なども進んでいて今後更に海産物の輸出需要が高まる可能性もあります。

 

他にも天然資源が豊富で石油・天然ガス・金・スズ・銅・石炭などの高い資産価値がある天然資源が豊富で、今後更に開発が進む可能性を秘めています。

 

 

インドネシア人の魅力

日本の企業や投資家が海外に進出するにあたり、日本の好感度はとても重要になります。
記憶に新しいニュースでは現在日本企業が多数進出する中国においては、反日デモが頻繁に起こり、暴動が起きる騒ぎなどもありました。

 

また中国人は几帳面な性格とは言い難く、中国製の商品の印象は世界各地で見ても決して良い評価とはいえません。

 

他にも人件費などの都合で日本を始めとした多くの海外企業が進出するタイやベトナムも手先が不器用な人も多く、外資系企業で働く工場従業員の離職率も高めになっています。
それに対してインドネシア人は、かつての独立戦争での日本軍の貢献などもあり、国民の多くが親日感情を抱いております。

 

暴動やデモにより日本人が活動できなくなる環境が訪れる事はまずないと言ってよいでしょう。

 

更にインドネシア人はアジアの国の中でも比較的手先が器用で真面目に働く社員が多いと言われています。

 

実際に外資系工場での離職率も低く、アジアの主要都市と比べても賃金は安く土地も人口も豊富ですので、今世界中の企業がインドネシアの市場に注目を集めています。

 

 

観光産業

インドネシアへの観光は世界中から近年脚光を浴びるようになり、外国人観光客の数は年々増加傾向にあります。

 

首都があるジャワ島も首都ジャカルタを中心に開発が進み、日本人にも大人気のバリ島はリゾート開発で大成功しました。

 

更に述べ1万7千ほどあると言われている島には、今後開発を行えばリゾート地として発展する可能性を秘めている所も多く300以上の文化があるなど、小さい島も含めて多くの魅力と観光地としても魅力を持っています。

 

今興産業は右肩上がりで成長を続けていて、今後も更なる成長を期待する事ができます。