外国に口座を開くということで、欠かせない知識として為替があります。

外国に口座を開くまえに知っておきたい為替の事

外国に口座を開くということは、その国の通貨で貯金をするということです。
為替とはいったいどのようなものであるかの基礎知識と、今はやりのFXとはどのようなものなのでしょう。

 

 

外国に口座を開くまえに知っておきたい為替の事

今手元にある資金は、日本円だと思います。
それを外国に預けるに当たり、日本円が一体いくらその現地の通貨になるのかということを調べる際、外国為替を調べますが、外国為替は毎日、しかも時間ごとに価格も変動しています。

 

今ある手元の百万円は、ドルに換算していくらというのがわかっても
次の日には、もっと多くのドルに換えられるということも起こります。

 

外貨の市場はその国の経済の発展状況を左右し、特に輸出入に関しては重要です。
円売り、円買いになる等、外国為替市場の動きによって
めまぐるしく変わり、時に暴落という事態も起こります。

 

ある商品を外国から輸入する場合、その支払いは、ほとんどがドルで行われています。

 

通貨がドルではない小さな国であっても、その国の通貨で支払うということではなく
貿易での取引には、経済大国アメリカの通貨ドルで取引されています。

 

決済を行うために、外国為替市場で円をドルに換える必要があります。
この時、円を売ってドルを買うという取引をします。

 

このお金でお金を買うという取引が外国為替です。

 

 

FXとは

外貨貯金とよく似たような金融商品で、FXというものが最近はやっています。

 

外為法の改正により登場したこの金融商品は、外貨貯金をして資金運用をしているほとんどの人が始めているようです。

 

FXはFXの口座があってその資金を使い外貨を買ったり売ったりしますが
たとえば、1ドル100円で買ったドルが110円になったら10円得をするという具合です。

 

またFXにはスワップという、外貨貯金に金利の様なものがあって日本円は低く、他の国の通貨は高い傾向にあります。

 

日本円を売って、その金利を受け取るというために、円売りが殺到したことがあり、円売りが増え、外国為替市場では、円安になるということがありました。

 

円安とは、円の価値が低いのだから、なんだか損をするように思いますが、日本は輸出で大きな収入を得ているので、円安になる方が外国の人から、安くて品質の良い日本の商品を買ってもらえるということにつながり経済は発展します。

 

その反面、日本は資源に乏しい国で、多く分野ではその原料を輸入に頼っており、原料コストが増えます。また、食料品も小麦粉のように輸入に多くを頼ってるため、生活の面でも、食費がかさむという事も起こります。

 

円高になると、同じお金を払っても、海外の商品がより多く購入でき、円高のときに海外旅行をしたらより安く買い物ができるということですが、それだけ日本の商品も高くなるということで輸出する商品が売れにくくなります。

 

このように、FXをするということは、経済の動きをあらかじめ読めるだけの基礎知識などを必要とし、24時間市場は世界中で行われているのでその動きに敏感にならないといけません。

 

ある程度の経済の動きを読める知識や、センスを持ち合わせていないと損をすることがあるのもFXです。

 

FXの口座に預けているお金の25倍までを、FX取引に使用することが可能となり、その時に損をしてしまうと元本以上の損が起こるということも考えられます。

 

その点外貨貯金は日本のいわゆる定期預金の様なもので、預けている限りその元本は保証され、利子が増えて行くというわけです。

 

ただ実際にそのお金を日本で使おうとしたときに、為替が変動しており、当時は100万円だったのに、今は為替が変わって100万円以下になり利子が増えてもあまり変わらないとう事もある可能性はあります。

海外口座を持つメリット