海外の口座では、ある程度の金額を預けていないと口座維持費がかかる場合が多くあります。

海外口座開設、日本との違いを知っておく

日本の銀行のシステムは良く知っていても、海外に住んだ経験などがないと海外の銀行のシステムを良く把握してない場合が多くあります。

 

海外の銀行では当たり前のことが、日本の銀行では違うというようなことを、あらかじめ知っておきましょう。

 

 

海外口座 口座維持手数料

海外の銀行は、日本の銀行と違い、口座を維持管理するのに維持管理費を払うということを知っておかなくてはいけません。

 

日本の銀行口座に、ほとんどお金が入っていなくても、お金の出し入れも何もせず放っておいてもそのままで10年以上の休眠口座にならない限りは口座は維持されていますし、お金もそのままですが、海外はそういうわけには行きません。

 

ある一定のお金を下回ると、銀行は口座維持費を請求するのが普通となっています。

日本にあるシティバンクでは、日本で作った口座でも1か月平均残高が30万円を下回ると3千円の口座維持手数料がかります。

 

せっかく預けて、その高い金利を受け取るように考えているにもかかわらず、口座維持手数料で、お金が減っていくのでは、せっかくの高金利も意味がなくなります。

 

預ける銀行により、この口座維持の最低預金残高は違いがあるので預ける前に、良く調べておく必要があります。

 

たとえば海外口座開設で良く使われているHSBC香港では、10万香港ドルが最低ラインとなっています。

 

 

海外での口座開設に必要なバンクリファレンス

海外で、非居住者が口座を開くときに、必要な書類にバンクリファレンスがあります。
現在取引をしている銀行で、今までどのような銀行の口座のお金の出入りがあるかという、証明書の様なものです。

 

海外ではこの証明書の提出が要求されることが多いのですが日本の銀行ではあまりその習慣がないため、証明書の発行自体発行してくれない又は、行員も知らないというケースもあるので、シティバンクの様な外国の銀行で半年以上取引をしたうえで発行してもらうという手打つ必要もあります。

 

 

海外口座の、入出金方法

海外の口座にお金を入金したい時には海外送金という方法を使います。
作業は、特別に難しいものではありませんが、海外送金には手数料がかります。

 

各銀行によってその手数料も違い、手数料の安いのを売りにしているネットバンクなどもありますが、日本国内で振り込みをするのとは違いそれなりの手数料が必要となります。

 

こつこつためていくタイプの場合でも、小刻みに送金してしまうと、手数料が1回ごとに数千円も発生するため、まとめて送金する方が手数料の節約ができます。

 

 

海外口座のお金を現金で出金する方法

海外の口座のお金を、日本や海外旅行中に出金したい場合は、キャッシュカードにマークがある、Cirrus や PLUS ロゴのついている、ATMで日本でキャッシュカードで出金するように、お金を引き出すことが可能です。

 

特に海外でATMを使う場合に、注意することは、一日の出金限度が設定されており、500ドル程度に設定されているところが多くこれは、キャッシュカード盗難の際の被害を最低に抑えるという計らいでもありますのでとくに海外で出金の際は、使用するところを選び、日本のように治安が良いところは海外にはないと言っても過言ではありませんので用心が必要です。