海外口座を持つと、通貨として持つメリットだけでなく株や不動産への投資も可能となります。

海外講座を持つメリット

海外口座を持つメリットは、投資資産として非常に流動性が高いという利点があります。

 

通過を口座を作る国の通過に両替を行いますので、為替レートの変動により資産価値が流動します。

 

インドネシア口座の場合は一度日本で保有している「円」を「ルピア」に交換します。
その後対ルピアで円安にレートが変動すれば、再び円に戻した時には利益が発生して、逆に円高に動けば損失が生じます。

 

為替レートの変動は半丁博打に見える部分もあるかもしれないですが、外貨の為替変動レートというのはギャンブルではなくて投資です。

 

ギャンブルも投資も「絶対に思惑通りの展開になる」という事はなく、当然円高に動き損失を出すリスクもありますが、円安に動く要因がある事に対して投資を行う事ができます。

 

 

インドネシア通過は今後経済成長の可能性を秘めていて、大幅な値上がりが期待できる通過として注目を集めています。

 

具体的には、2011年にインドネシア全土を開発するマスタープランが発表されて、その予算は日本円で40兆円相当です。
毎年6~9%の成長を維持して2025年にはGDPを当時の5倍以上にまで上昇させる製作を実施しています。

 

インドネシアの国の面積は日本の約5倍。人口は約2倍の2億4千万人にのぼります。

 

この制作が計画通りに進めば、充分に先進国の仲間入りができるだけの国の規模は持っているのです。

 

計画通りの伸びが実現できるかは不透明ですが、GDPが2025年までにかけて上昇していく可能性は高く、必然的にルピアの値上がりも期待できるという、理論的にも効率の良い投資先通貨となっています。

 

ルピア

 

 

貯金として預けているだけでも為替レートの変動による利益や、年利10%を超える高利回りを期待する事ができますが、こうしたインドネシアの成長性に更に投資をしたいのであれば、口座を作成後にその資金を不動産や株式などに投資する事も可能です。

 

インドネシアは、人口が中国・インド・アメリカに次いで世界第4位の人口を誇り、天然資源も豊富です。

 

インフラ改革も進み世界的な株高を受けてジャカルタ総合指数では1997年には500ポイント程度だったのが最近では5,000ポイントと当時の10倍近い値段をつけています。

 

史上最高値の更新を続けていて、まさに青天井状態となっています。

 

経済とともに不動産価格も高騰していて、特に首都があるジャワ島や日本人が行く観光スポットとして定着となったバリ島などは大幅な地価上昇となっていて、今後のインフラ整備で更に幅広い地域で地価が上昇していく可能性を秘めています。

 

 

こういった、株式や不動産へもインドネシアの海外口座を持っていれば流動運用の幅も広く大きな利益を生める可能性があるのがインドネシアの通貨「ルピア」です。

 

最近の海外口座は現地に行かなくてもオンラインで入出金ができるなど利便性も高いので、口座の開設さえしておけばさまざまな運用が可能になります。

 

海外口座でお金を運用する場合、日本国内で資産運用するのに比べて、税務署の目がつきにくいという利点もあります。

 

しかし最近では税務署も海外への出金や海外口座の資産調査などを強化しています。
海外口座を保有する人の特徴として資産がある人などがあげられますが、大きな資産を派手に運用するのであれば、正しく税申告をする事をオススメしますが、現状は海外資産に対して税申告をしていない資産家も多くいるのが現状です。