海外に口座を開くには、現地に赴き口座開設をしなければならない場合が多くそのようなツアーもあります。

海外口座開設、サポートシステム

海外に口座を開く方法として、自ら海外に出向きその時に口座を開設するという場合と、
銀行のサービスの一環としてのサポートシステムがあります。

 

 

海外口座開設ツアーの注意点

海外の口座によっては、自ら現地に赴き、窓口で口座を開設しなければならない銀行もあります。
多くの銀行が、この方法で開設が可能なので海外口座開設を目的としたツアーなどもあります。

 

現地に赴き、口座開設のための書類などをそろえるだけではなく、銀行によれば非居住者の開設には、現地のその銀行との取引をしている、お得意様からの紹介などが必要な場合などもあります。

 

そこで、口座開設のお手伝いをする専門のエージェントに依頼するという形になっています。

 

専門エージェントは、現地での窓口での手続きを滞りなく行うようにサポートをします。
エージェントに、手数料を支払うという形になっています。

 

ここで、現地のエージェントが本当に信頼のおける人なのかという点が問題になります。

 

手続きの際には、暗証番号なども記入することになりますがエージェントにも、わかる場合が発生します。

 

そのエージェントは口座の資金を勝手に引き出すこともできる可能性があるので、悪質な場合には口座からお金を全額引き出されることも考えられます。
口コミなどでは、このエージェントの不満話が多く聞かれますので、本当に信頼がおけるかどうかが確かな場合にのみ、お願いするというようにしなければいけません。

 

最近では、日本人向けに銀行の窓口にも日本語で対応の出来るスタッフを設ける銀行もあるようですので、現地に赴き口座開設の際には、日本語の話せるスタッフが銀行に居るところを選べば、良いということになります。

 

 

日本の銀行でも始まった海外口座開設サービス

海外口座を開設するというニーズに答え、日本の銀行も海外口座開設サービスを行う銀行があります。
日本の現行で、海外に提携の銀行などがある場合には、日本に居ながら銀行のサポートを受け、口座開設を行いその後の海外送金に対しても、サービスを引き続き行ってくれます。

 

現在は、一部の銀行のみで可能なサービスですが、日本経済の不安などから海外口座開設のニーズが今後増えるとなると、銀行自体も海外送金などで手数料を稼ぐチャンスでもあるので、今後このようなサービスはグローバルな時代を迎え、どんどん増えていくかもしれません。