海外口座開設後に入出金など簡単な手続きのみであれば、語学力の必要性は低くなります。

海外口座開設に語学力は必要?

語学力の必要性を考える

海外口座を開設するにあたって英語や現地の言葉が話せると有利ですが、ビジネスレベル程度の語学力を過信してはいけません

 

特にインドネシアなど英語が公用語ではない国は、現地の言葉がペラペラなら問題ないですが、英語だけ話せても不十分です。

 

 

主要国の英語事情

海外口座開設で人気の国の英語事情をまとめました。

 

香港

英語が公用語だが、現地人はそこまで英語が通じないことがある。
HSBC香港など主要銀行の口座開設窓口は英語堪能。

 

シンガポール

4つある公用語の一つで、英語が堪能なら大体のことは対処できる。

 

インドネシア

日本より英語の語学力は高いが、インドネシア語がメイン。
ネイティブ英語ではなく訛りがある

 

英語が堪能な人はHSBC香港など自力で海外口座開設する人もいます。
しかし、ビジネスレベルだと、専門用語を理解できないことがあるので注意しましょう。
現地もしくは英語圏での生活経験がないような人は、日本語に対応したサポート会社やコーディネーターを利用するべきです。
中途半端な語学力が意味ないことを考えれば、海外口座を開設するのに語学力の必要性はそれほど高くありません。

 

 

語学力が活きるのは開設した後

口座開設時は語学力がなくてもサポート会社を使えば問題ありません。
語学力によって弊害が生まれるのは口座開設後です。

 

当然、ネットバンクや郵送書類は全てが英語もしくは現地語での表記になります。
文章による英語は翻訳ツールで簡単に対処できますが、電話問い合わせが必要だった場合に英語を話せないと苦労してしまいます。
口座凍結させない注意点など、口座を維持する注意点や使い方を丁寧に教えてくれるサポート会社を使って口座開設後のトラブルリスクを軽減させましょう。

 

インドネシアの場合は、インドネシア語を話せないと直接やりとりするのが難しいですが、放置しても口座凍結になるリスクが低く、一度開設してお金を預ければ放置するだけで利息によって資産を増やせます。
口座開設後は入出金など簡単な手続きのみで対応できるので語学力の必要性は低いです。

 

 

海外口座を作る人の大半が英語力を話せるか紹介者がいる

海外口座を作ると幅広いメリットがありますが、国内にも投資や資産運用できる魅力的な商品が多数あります。
英語を含めた外国語の語学力がほとんどなく、現地在住や口座開設をした経験がある紹介者がいない方が、ネット検索だけで海外口座を開設するケースは少ないです。

 

適切なサポートを行う優良業者のサポートを受ければ問題ないですが、日本とは勝手が違うことも多く、英語を話せない人は海外口座に興味すら持たないことが多いです。
例外として紹介者がいれば、安心できて何かあれば相談できるので、直接の知人からサポートを受けたり、信頼できるサポート会社を紹介してもらって海外口座開設をする人が多いです。
語学力を持っていない中で海外口座開設をする人は、会社経営者など人脈が豊富な人が多い共通点があります。