海外口座開設ツアーは費用の安さよりも仲間がいる安心感が売りのサービスです。

海外口座開設ツアーとは?

海外口座開設ツアー

海外口座開設ツアーとは、名前の通り現地で海外口座を開設することを目的にしたツアーです。
海外口座は現地の本支店に一度足を運ぶ必要があり、ノウハウがない方から現地のサポート会社を利用する需要があります。
通常はサポート会社の担当者がマンツーマンで対応しますが、ツアーによって大勢が一緒に海外口座を開設することで費用を安く抑えられます。

 

また、海外口座開設を謳った詐欺業者が多いことから、他の個人投資家も一緒に行動することで安心感を得られたり情報交換できる目的でツアーを選ぶ方がいます。
需要が高くないとツアーが成立しない特徴から、大半はHSBC香港の開設ツアーで、インドネシアでもバリ島観光とセットになったツアーが存在します。

 

詐欺の危険性

 

 

海外口座開設ツアーは本当に安い?

単独でサポート会社を利用する場合の費用相場は10~30万円ほどです。
海外口座開設ツアーを利用した場合、旅費とは別に10~20万円ほどが相場です。
大差がないように見えますが、海外口座開設ツアーは利用者から現地でクレームを受けることを嫌うので、オプション料金を追加請求するトラブルが少ないです。
費用の安さよりも仲間がいる安心感が売りのサービスです。

 

また、海外口座開設ツアーは、口座開設のほかに現地で投資商品のセミナーを利用できるサービスなどで付加価値を付けています。

 

 

ツアーでも安全とは限らない

海外口座開設ツアーは大勢の個人投資家と行動を共にするので安心感を得られますが、一部では詐欺業者も多数いるのが現状です。
ツアーにしては法外な手数料を取るケースもあれば、安い手数料で口座開設するけど、詐欺の投資会社とグルになっていたり、口座情報を悪用して不正に引き出されるトラブル事例もあります。

 

ツアーでも単独でサポート会社を利用する場合でも業者選びが重要で、大勢が参加するツアーだから安心という理由で簡単に信用してはいけません。
ツアーではなく日本語サポートを利用して開設できる窓口がないか調べるなど、目的の海外銀行についての情報収集をしっかり行っておきましょう。

 

 

騙されないためにはどうすればいいの?

まずはインターネットで情報収集することが大切ですが、海外口座開設は需要が高いサービスではないので、優良業者でもネット上の情報がほとんどないことがあります
一部では、サクラを使ったり自作自演で良い評判を紹介している口コミ投稿サイトや外部の評価サイトもあるので、ネット上に良い情報が出てきても安心してはいけません。

 

よくある手口では、ツアーの申込客に対して事前書類で銀行口座の情報など、重要な個人情報を不正に聞き出そうとしてきます。
また、海外口座開設までは適切に対応してくれても、高利回りの詐欺商品を案内されることが多いです。

 

詐欺の投資商品は大半が現地で免許を取得せずに運用しています。投資に必要な免許・登録の有無をしっかり確認するようにしましょう。
全般的に誰でも簡単かつ確実に儲けられる怪しい投資話は危険です。
インドネシアのように銀行に預けて利息だけで運用する投資法は、得体の知れない海外の投資会社を使うよりも安全性が高いです。